体力

生命維持に欠かせない成分です

コエンザイムQ10は、ミトコンドリアに含まれる成分の一つです。
このミトコンドリアは、人間が活動するためのATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれている、
エネルギーの約95%を作り出すことが出来ます。
細胞の中に、ミトコンドリアは含まれていますので、体中のどこにでもいる器官なのです。

私たちの体には、約5兆個の細胞があります。
その一つ一つで作り出すエネルギーによって、生命の維持がなされています。

そして、このミトコンドリアの働きを助けるのがコエンザイムQ10なのです。
ミトコンドリアが作り出すエネルギー生産量は、全エネルギーの95%にもなりますが、
呼吸する時に得た酸素と食事を摂ることで得た炭水化物などを使って、エネルギーに変換しています。
エネルギーに変換するときコエンザイムQ10が大量に使われています。
コエンザイムQ10が不足すると、エネルギーを作り出すことが出来ずに、
体の不調になって現れることがあります。

特に、心臓は四六時中働いていて心臓から血液を送り出しています。
この活動が止まってしまうと、人間や動物は死んでしまいます。
働き者の心臓ですが、20代をピークに、40代には約70%と急激に減少してしまいます。
このため、動悸、息切れなどを起こしやすくなる。と言われています。

また、コエンザイムQ10が不足することにより、心臓の働きが弱くなってしまうと、
血液がドロドロになったり血液の循環が悪くなります。
特に、肺、肝臓、脳では、たくさんのエネルギーを使うために、
たくさんのコエンザイムQ10が必要になります。
これにより、疲れなどの体調不良を引き起こす事が多いので注意して、
コエンザイムQQ10を摂取しましょう。
こちらのサイトにコエンザイムQ10のメリットが書かれているので参考にしてください。

コエンザイムQ10は、抗酸化作用の強い、ビタミンC、ビタミンEと同時に摂取することで、
効果をより期待できます。
出来るだけ一緒に摂取するようにしましょう。

Menu