体力

年齢とともに減少する?

コエンザイムは、ミトコンドリアがエネルギーを作り出す為にはたらくとき、大量に消費します。
特に心臓は、休みなく働いているために、たくさんのコエンザイムQ10を摂取することが必要とされます。

コエンザイムQ10は、20歳をピークにして、加齢とともに年々減少していきます。
心臓は、40代になると約70%にも減少してしまいます。

コエンザイムQ10は、不足すると、疲れなどの体調不良の原因になる症状が現れます。
これは、コエンザイムが少なく、エネルギーを作り出すことが、できないからです。

エネルギーをつくりだすのは、「ミトコンドリア」の仕事です。
呼吸する事によって酸素を得て、食事などから炭水化物を得ます。
これを混ぜ合わせて、ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる、エネルギーを造りでします。
このアデノシン三リン酸は、人間が活動する際の約95%のエネルギーを作り出します。

加齢とともに、動悸、息切れなどの症状が出る方も多いと思いますが、
これもコエンザイムQ10の働きによるものではないか。と考えられています。
が、コエンザイムQ10の効果を発揮するためには、1週間くらいのお時間がかかります。
これは、血液中のコエンザイムQ10の濃度が一番濃くなるのが一週間後くらいだからです。
即効性は、ありませんが、効果は確実に期待できます。

特に、疲れやすいなどの症状をお持ちの方は、コエンザイムQ10の摂取をおすすめします。
一般的に、コエンザイムQ10の摂取目安は、100mgですが、病気の兆候が見られるときや、
スポーツを普段から行う方は、300mg程度摂取することがおすすめです。
そんなコエンザイムQ10が女性に人気の理由はこちらにかいてあります。

こんなにたくさんのコエンザイムを摂取するためには、食事で補うのは、少し大変です。
サプリメント等で、効果的に摂取することをおすすめします。
長期間使っていただきたい商品ですので、価格や配合量など、自分に合わせた商品を選びましょう。
吸収率で選ぶのもおすすめです。

Menu